肌荒れを寄せ付けないお酒との付き合い方

更新日:

お酒による肌荒れ!本当にお酒は肌に悪影響?

お酒が原因で肌が荒れると言うのは本当なのでしょうか。
確かに、お酒を飲みすぎてメイクを落とさないで寝てしまえば、次の日の肌の調子は最悪です。

s-028

でも、それは自分の心がけ一つで解決できますよね。
では、どうしてお酒が肌荒れの原因になるのでしょうか。
この記事ではお酒が本当に肌に悪いのかという疑問を解決していきます。

お酒が原因で肌荒れやニキビ肌に?

お酒が原因で肌荒れやニキビ肌になってしまうという話は聞いたことがありますが、お酒好きの方には耳を塞ぎたくなる話です。
適度なお酒は体にいいとも言われますが、本当にお酒がお肌へ悪影響を与えるのでしょうか。

肌荒れを起こす原因は『乾燥』です。
お酒の中でも特にビールはカリウムを多く含むため、利尿作用があります。
ジュースなどを飲んでもトイレに行く回数は増えませんが、ビールを飲むと何度もトイレに行きたくなり、量もたくさん出ます。

その原因は尿の量を調整するホルモンの働きをビールが止めてしまっているからです。
ビールを飲む量よりも尿として出す量が多くなり、体全部の水分が奪われ脱水症状になってしまいます。
そのため、肌も乾燥して肌荒れを起こすことになるというわけです。
ニキビ肌になる原因は、肝臓の機能低下です。
肝臓はお酒を『毒素』と認識し、体の中に入った毒素を分解するために一生懸命働いてくれるのですが、飲むお酒の量が多くなると肝臓の毒素を分解する機能が低下してしまい、体の中に毒素が蓄積してしまうことでニキビとなって肌に出てきてしまいます。

肌にいいお酒もある?

お酒が肌に悪影響を与えることはわかっていただけたと思いますが、それはあくまで大量のお酒を飲んだときのこと。
適度なお酒は体にと言われるのは事実であり、肌にいいお酒もあるんです。
肌にいいお酒を紹介しますので、お酒を飲む時の参考にしてみてください。

赤ワイン

s-011
肌にいいお酒として知られています。
赤ワインに含まれるポリフェノールは、シミやシワなどの肌の老化を遅らせてくれます。
他にもミネラルやビタミンなどの肌に必要な成分も豊富に含まれているので美肌効果があります。

日本酒

s-8bf05fab3485b32afb514c9e75ea013b_s
日本酒の原料である米麹にはコウジ酸という成分が含まれています。
肌に透明感を出し、メラニン色素の生成を抑制する働きがあります。
日本酒は保湿効果もあり、日本酒の化粧水があるほどです。

マッコリ

s-117dfb32db1163efd05f77b4714eefcf_s
日本酒が苦手という方にオススメします。
甘くて飲みやすく、日本酒と同じコウジ酸も含まれ、肌によいと言われる乳酸菌や、食物繊維もたっぷり含まれています。

焼酎

s-13b9907aac1ebf0f18f3933ea0f44a9c_s
焼酎には血液サラサラ効果があり血行がよくなります。
血行がよくなると体の内側からきれいになれるので美肌効果が期待できます。
特に芋焼酎にはアントシアニンというアンチエイジング効果の高い成分が含まれています。

以上が肌にいいと言われるお酒です。
飲むお酒に悩んだとき、飲むお酒にこだわりがない方は、肌にいいお酒を飲んでみて下さい。

肌荒れを防ぐお酒の飲み方!

お酒好きの方は、美味しいお酒は飲みたいけれど肌荒れは嫌。と悩んでしまいますね。
適量のお酒が体にいいとは言うけれど適量ってどのくらいなのもわからないし、肌にいいお酒と言われてもあまり好んで飲むお酒ではない。
そんなお悩みを持つ方もいると思いますので、解決方法を紹介します。

まず始めに、適量と言われるお酒の量ですが、純アルコールにして20g程度です。

ビール   中瓶1本(500ml)
日本酒   1合(180ml)
焼酎    0.6合(110ml)
ワイン   1/4本(180~200ml)
ウイスキー ダブル1杯(60ml)

このくらいの量が適度なお酒の量といいます。
ビールや白ワインは体にいいイメージはありませんが、実はそうでもないんです。
ビールは利尿作用もあり、体を冷やす飲み物です。体を冷やすと代謝が下がるので肌にとって悪影響ですね。

しかし、ビールにはコラーゲン生成に欠かせないパントテン酸やナトリウムを排出してくれるカリウムが含まれています。
いい成分が含まれていても、やはり乾燥しやすい、体を冷やすなどのマイナスイメージが強いのが残念です。
乾燥を防ぐためにはお酒を飲みながらの水分補給が効果的です。

白ワインにはダイエットや美肌にいい影響を与えてくれるデトックス効果があります。

多くの方が勘違いされていますが、ビールや白ワインも肌にいい成分がきちんと含まれているんです。

赤ワイン、日本酒、焼酎をあまり好まない方は、ビールや白ワインなどでも飲みすぎなければ肌荒れを気にせずに飲むことができます。
最後になりますが、いくらお酒を飲んだ後でもメイクを落として寝ることは忘れないで下さいね。
メイクをしたままの睡眠は間違いなく肌荒れの原因になります。
お酒は肌に悪いイメージがありますが、飲み過ぎが肌に悪いだけなのです。
楽しくお酒を飲むことはリフレッシュ効果もあり、ストレス解消にも繋がります。
適量を守ってお酒による肌荒れを無くしていきましょう。

 

-美容, 美容コラム
-

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.