コーヒーで便秘や下痢になる可能性 お腹の調子が変わる理由

更新日:

コーヒーはおいしいですが、ちょっと刺激的な飲み物ですね。

どんなに好きでも「体質に合わない」という人もいるようで、そんな人は、飲むと必ずお腹の調子が悪くなるんだとか。

世界各国どこに行ってもあるであろう、そんな飲み物なのに、体調に害を及ぼすこともあるなんて、何とも不思議な話だと思いませんか?

コーヒーでお腹の調子が変わる人って、何か特徴があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

コーヒーに含まれるカフェインで下痢を起こすことがある

コーヒーといえば「カフェイン」が含まれていることで有名です。

カフェインには、

・利尿作用
・胃液の分泌の活発化

などといった作用があり、それにより消化が促進されて下痢に至ることがあります。

通常でも「摂取しすぎるとお腹が緩くなる」傾向にある成分なので、体質的に合わなければ少量でもお腹が緩くなってしまうと考えられます。

ただ、カフェイン入った飲み物は何もコーヒーだけではありません。

ココアや紅茶・緑茶や烏龍茶など、カフェイン入りの飲み物は他にもたくさん存在します。

他の飲み物は大丈夫だけれど、コーヒーだけがダメだというのなら、それはカフェインが原因ではないと考えられます。

コーヒーアレルギーの可能性

コーヒーアレルギーというものがあります。

主な症状は、

・下痢
・動悸
・吐き気
・蕁麻疹

など。

「コーヒーだけがダメ」というのであれば、コーヒーアレルギーの可能性も。

カフェイン以外の可能性

ブラックコーヒーであれば問題ありませんが、コーヒーにミルクを入れる人であれば、原因がミルクにある可能性もあります。

ミルクには乳糖という成分が含まれていて、それが体質的に合わないと、お腹の調子が悪くなることがあります。

 

スポンサーリンク

 

「空きっ腹にコーヒー」は調子を崩す原因

カフェインは刺激が強く、空腹時に摂取すると「胃を荒らす」ことがあります。

朝、起き抜けのコーヒーはおいしいですね。
目覚めの一杯を楽しむ人も多い事でしょう。

でもそれって思いっきり空腹時。
日にもよるかもしれませんが、胃に負担を感じたことがありませんか?

朝に限らず食前(空腹時)のコーヒーは胃に負担をかけるものです。
たとえ、今は大丈夫であっても、それを続けることで胃が荒れ、徐々にお腹の調子を悪くすることがあります。

ノンカフェインでも下痢になるときがある

普通のコーヒーがダメなら、ノンカフェインコーヒーなら大丈夫なのでしょうか?

タンポポコーヒーなどノンカフェインコーヒーが市場に出回り、妊婦さんでもコーヒーを楽しめる時代となりました。
一見安全そうなこれらコーヒーでも、お腹の調子を悪くしてしまう人はいるようです。

こうなると、もう「コーヒー自体が体質に合っていない」と考えるのが妥当です。

そういう人にとっては、どんなタイプのものでもコーヒーを飲んだ時点でアウト。
残念ですが、「コーヒーを飲まない」ことが解決策といえるでしょう。

便秘もコーヒーの含有成分が引き起こす

コーヒーとは何とも不可解な飲み物で、「下痢になる」という人もいれば、「便秘になる」なんていう人もいるんです。
他にも、便秘症の人が飲んだら「便秘が解消された」なんて報告も。

それらはどれも「カフェイン」の作用が影響しているようです。

コーヒーで便秘が治る人

ここでまたカフェインの作用の1つ、「胃液の分泌の活発化」が影響してきます。
この作用、人によっては下痢を引き起こさせますが、便秘症の人にとっては便秘薬のような存在となってくれるよう。

胃液を分泌→消化活動が活発→腸の動きが活発→排泄
という循環が生まれて、便秘解消へと繋がっていきます。

コーヒーで便秘が悪化する人

便秘が解消する人がいるかと思えば、「便秘が更に悪化する」なんてケースも。

この場合は、カフェインではない成分タンニンが関係していると考えられます。

タンニンには、
・便を固くする
・血管を収縮させる

という作用があることから、下痢止めの薬にもよく使われています。

「便を固くする」はそのままの意味ですが、血管を収縮させる作用には、
血管の収縮→腸への血流の低下→腸の動きの低下→便秘
という繋がりがあります。

このタンニンの作用に影響を受けてしまう人が便秘であった場合、更なる便秘の悪化が予想されます。

もう一つの成分「クロロゲン酸」について

コーヒーの中にはクロロゲン酸という成分も含まれています。
決して体に悪い成分ではないのですが、「胃腸の働きを抑える」という作用があることから、排泄に悪影響を及ぼすことがあります。

「便秘を改善しようとコーヒーを飲んだら余計に出なくなった」と感じた場合は、コーヒー自体の摂取を控えましょう。

まとめ

コーヒー自体は決して悪い飲み物ではありません。
ただ、何やら体に影響を及ぼすような成分がたくさん含まれていますので、体質的に合わない人が出てきてしまいます。

自分の体に合わないなと思いつつも飲むのであれば、少量ずつ様子を見ながら飲むこと。
そして、「空腹時に飲まない」「一度に大量に飲まない」「食後に飲む」などといった飲み方で楽しんでくださいね。

要注意!「便秘になる」食べ物

皆さん、便秘になる可能性があるものを進んで食べたいですか? 特に便秘になりやすい方は、もちろんそんな食べ物は避けたいですよね。 便秘になる食べ物をしっかり頭に入れておき、普段から便秘にならないよう注意 ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-その他, 健康, 健康コラム
-

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.