四十肩・五十肩・六十肩の症状と予防法|痛みの緩和にできることとは

更新日:

四十肩・五十肩・六十肩、中年期以降の肩の痛みをこのように呼びますよね。

十代・二十代・三十代と何も肩に違和感なかったのに、四十代以降から急に肩が痛くて腕が上がらなくなってしまった人も多いのではないでしょうか?

肩こりなどとは違うので、揉んだり叩いたりしても治りません。
ちょっと困ったその肩の痛み、どうやったら治るのでしょうか?

スポンサーリンク

 

四十肩など「~肩」の主な原因は肩関節の炎症

よく「四十肩・五十肩・六十肩」なんて呼ばれ方をしていますが、この違いをご存知ですか?
実は、全部同じ
違いなどないんです。

四十肩・五十肩・六十肩、全部ひっくるめて「肩関節周囲炎」または「凍結肩」という症状になります。

この肩関節周囲炎を、四十代で発症すれば四十肩五十代なら五十肩六十代ならば六十肩と呼んでいるだけなのです。

肩の関節周辺の炎症が原因で痛みが表れますが、「なぜ炎症が起こるのか」ということになると、老化現象といわれてはいるものの、まだはっきりしたことはわかっていません

症状について

肩関節周囲炎のよくある症状としては、

・肩を首より上げることができない
・肩がこわばる
・ちょっとした手の動きでも肩が痛むことがある

などがあります。
洋服を着ることさえも困難になるなど、生活に支障が出てしまう人もいます。

自然に治る人

初期段階は痛みが強くても、中には何もしなくても徐々に緩和されて、最終的には治ってしまう人もいます。

【自然完治までの流れ】
流れ1、発症
痛みで眠れない時もあるなど、痛みが非常に強い。

流れ2、中間期
多少痛みが残りますが、徐々に緩和されて腕を動かせるようになる。

流れ3、回復期
かなり良い状態で、多少違和感あるものの肩の動きが軽く感じられるようになる。

一連の流れはこのような感じになりますが、決して短期間で治るというわけではありません。

個人差はありますが、完治に至るまで数年かかることもあります。

スポンサーリンク

 

四十肩・五十肩・六十肩は生活習慣で予防する

予防には、全身のストレッチが効果的です。
普段から腕や肩を適度に動かしたり、また、あまり冷やさないようにしていきましょう。
肩関節周囲炎には、しびれなど前兆があるものがほとんど。
違和感がある前からが理想的ですが、違和感があってからでもいいので、ストレッチなどで体を動かしていきましょう。

ただ、自分でやるのにも限度があります

専門医やかかりつけの医師などに相談することも大切です。
病院などでの施術・リハビリ、運動法などの専門的なやり方がありますので、指導してもらった方が近道ということも。

どちらにしても、睡眠や食事運動など基礎となる普段の生活次第で回復する力に差がでます。
発症したとしても、短い間で回復したいのであれば、生活習慣を正して回復力を上げるようにしましょう

症状によって変わる治り方

その肩の痛み、症状はどんな感じでしょうか?
同じ肩の痛みでも、症状の出方によって治り方に差がでます。

・痛いなりにも腕を上げることができる
・痛くてまったく腕が上がらない

痛くても腕を上げられる場合、関節そのものよりもスジや筋肉に原因がある可能性があります。
治りやすい症状なので、自然に治ることも期待できます。

しかし、痛くてまったく上がらないとなると、ちょっと厄介。
スジや筋肉ではなく、関節そのものに原因があると考えられます。

関節自体に問題があると、スジや筋肉にも負担をかけてしまうので治療が長引くことが考えられます。
改善されたとしても、関節に違和感が残るので気を付けたい症状です。

四十肩・五十肩・六十肩の症状と間違えやすい病気

四十肩・五十肩・六十肩と思っていたら、実は「別の病気だった」なんてこともあります。
間違えやすい病気もあるのでご紹介します。

腱板断裂(けんばんだんれつ)

四十肩など肩関節周囲炎の症状と共通しているものとして、

・前兆はあるも、痛みはある日突然やってくる
・痛くて腕を上げること・動かすことができない
・痛くて眠れない、ジッとしていられない

があります。
ただ、決定的に違うのは、痛みのある手を「他人に腕を動かしてもらう」「痛くない方の手で動かす」などの方法で動かせば、痛みをあまり感じることなく腕を動かすことができるという点です。

腱板断裂は、肩甲骨と腕をつないでいる腱板という筋が切れることで起こります。
前兆に気づきにくい箇所なので、気づいたときにはすでに断裂して腕が上がらなくなってしまいます。

頚椎症(けいついしょう)

頸椎が変形、中に通っている神経を圧迫して起こる症状のことをいいます。

圧迫される神経は、「肩や腕へ繋がる神経」「脊髄へ繋がる神経」など様々。

四十肩などと同じような痛みは、肩や腕に繋がる神経の圧迫が考えられる「頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)」という症状です。

頸椎症性神経根症の特徴は、首の付け根や肩甲骨に痛みが生じるので、上をむいた時に症状が出やすくなります。

まとめ

四十肩・五十肩・六十肩は、全部同じ「肩関節周囲炎」という症状です。
痛みが出る年代によって名前が変わるだけなので、予防法も症状も治療法もほぼ一緒。
自然と治る人もいますが、痛いと生活に支障が出ることもあるので、痛みが出たら早めに病院に行きましょう。
また、同じような症状を持つ別の病気もあります。
思い込みが痛みを病状させてしまうこともありますので注意しましょう。

肩が凝る原因3つ、それぞれの解消法

最近、肩こりに悩まされていませんか? 頭から肩や背中にかけて、痛みを感じたり張りを感じたり、重くだるい感じたり…とにかく不快な症状には違いありませんよね(T_T) 中には自分では気づかなくても、他人に ...

続きを見る

スポンサーリンク

-健康, 健康コラム
-,

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.