冷え性に効く生姜の摂り方教えます

更新日:

「冷え性には生姜がいい」なんてことはすでにご存知ですよね。
そもそも生姜はなぜ冷え性に効くのか考えたことありますか?
生姜は身体の代謝を高めて、血行を良くしてくれるので、血液が手先まで行き渡り身体が温まる…ということなんです(^^)

生姜商品にはスープやドリンクにお菓子等…至る所で購入できます。
でも本当に正しい生姜の摂り方って知っていますか?

もし間違った摂り方をしていると、「冷え性には全く効果がない」なんてことも!
そこで冷え性さんのための生姜の摂り方教えます!

冷えに冷えた人間たちへ ~大地からの贈り物

目次1 Wで効く紅参&黒参のチカラ2 では冬支度スタート Wで効く紅参&黒参のチカラ 寒さが身に染みる今日この頃、冷え性な私には厳しい季節です。 血行不良は自他ともに認めるところで、服の重ね着・重ね履 ...

続きを見る

冷え性には“加熱した生姜”

生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれています。
このジンゲロールは手先や足先の血管を広げ、体内にこもっている熱を末端まで送る働きがあります。
一見冷え性によさそうなのですが、熱を体中に送り出してしまうため深部体温が下がってしまうんです
(風邪などで熱が出た時には解熱効果があるのでおススメです。)

そこで冷え性に効果的な生姜の摂り方。
それは“乾燥生姜”なんです!


生姜を乾燥させるとジンゲロールの一部がショウガオールという成分に変化します。
ショウガオールは胃腸を刺激して血流を良くすることで、熱を作り出す働きをします。
漢方薬にも使われている程、身体の芯から温めてくれる優れもの。
ではそんな乾燥生姜の作り方をご紹介します。とっても簡単なのですぐ覚えられますよ!

“乾燥生姜”の作り方

ここでは天日干しで作る方法をご紹介します。

  • 皮が付いたままの生姜を2ミリ~3ミリ程の厚さにスライスします。
  • 一枚づつ重ならないように風通しの良い場所で天日干しします。
  • 一日干してカラカラになったら完成。(日陰なら1週間ほどです。雨などで濡れない様に気を付けてください)

※必ず皮を付けたまま作ってください。
ジンゲロールは皮に近い部分に一番たくさん含まれています!

 

乾燥させたものをヨーグルトなどにそのまま入れると言った使い方をするなら、天日干しの前に蒸しておいた方がより効果的がアップします。
料理の時に一緒に熱を通すなら生のまま乾燥させても大丈夫です。

電子レンジを使った方法もよく紹介されていますが、実際にやってみると全体が乾燥する前に端の方が焦げてしまい、煙が出てきてしまいました(-_-;)

乾燥生姜の使い方

乾燥生姜を入れて沸かしたお湯で紅茶などを入れる。

炊き込みご飯を炊く時に入れる。

味噌汁を作るときに一緒に入れる

お肉や野菜と一緒に茹でる、など。

使い方は様々です。
ジンゲロールは水に溶けてしまう性質があるので調理した時に出たスープも一緒に飲んでくださいね。

※皮を付けたまま乾燥させているため、食感が悪く感じる方もいると思います。

その場合は少し手間がかかりますが、ミキサーなどで粉にしてしまえば使い勝手も良くなりますよ。

 

“乾燥生姜”の摂り方

実は乾燥生姜を摂るだけではなく、更に効果的な方法があるんです。
それは朝一番に摂ること。

たったこれだけ!
生姜の身体を温めてくれる効果は3時間程続きます。
そのため朝生姜を摂って、お昼の代謝が高くなる時間に生姜の効果を活発にするのが狙いなんです!

生姜の一日に摂る量は、1日10gくらい、スライスでいうと5,6枚ですね(^^)

生姜は冷え性を改善するだけではなく、代謝も良くするためダイエット効果もあるんです。
まさに一石二鳥!こんなすごい食品だったんですね!

「生姜で冷え性を改善しよう!」と思って食べていた方の中で、実は生姜の正しい摂り方が間違っていた…なんてことはありませんか?
でも今日からはこの乾燥生姜でずっと悩まされていた冷え性とサヨナラしましょう♪

-健康, 健康コラム, 温活
-

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.