白髪に効く食事って何?ポイントは3つ

更新日:

白髪って気が付けばどんどん増えていて、それが減っていくことはほとんどありませんよね。
最初は数本だったのが、気が付けば結構白くなって鏡を見て落ち込んだり…なんてことないですか??

白髪が増えるとすぐに改善することは出来ませんから、毛染めの回数が増えてしまいますよね(><)
それが髪にさらにダメージを与えてしまい、また白髪が増えたら染め直す…と負のスパイラルに陥っていくんです。

そこで、「食事内容を変えよう」と思っても、情報が多すぎて何が白髪に効くのかイマイチ分からない、なんて方も多いとお思います。

今回ご紹介させて頂くのは、ズバリ『白髪に効く食事』です!
食事は毎日のことですから、知識として知っているのと知らないのとでは全く違いますよね。

難しいことは一つもありません!
ポイントを3つに絞ってお伝えしますので、最後までお付き合い下さいね♪

白髪の改善や予防に効く食べ物

ポイントの一つ目としてまずは髪に良いと言われる栄養素を紹介します。

たんぱく質:髪の毛はたんぱく質で作られているため、健康な髪を作るためには質のいいたんぱく質が必須です。

肉、魚、卵、乳製品

カルシウム:髪の毛を黒くする細胞の働きを良くしてくれます。

海藻類、豆類、小魚、乳製品

亜鉛:髪の毛のパサつきを抑えて滑らかにしてくれる他、成長促進作用も期待できます。

黒ゴマ、牡蠣、納豆、牛肉

ビタミンC:髪の老化(縮れ、ボリュームダウン)を防いでくれます。

ピーマン、ブロッコリー、アセロラ、レモン

ビタミンE:抗酸化力が強いため、頭皮の血流を良くしてくれます。

アーモンド、うなぎ、アボカド

コラーゲン:頭皮を健康的に保つ役割があります。

うなぎ、牛すじ、鶏軟骨

必要栄養素が含まれている代表的な食材を挙げましたがこれは一例です(^^)
そして、大切なのが『バランス良く摂る』ことです。
「当たり前でしょ!」と思うかもしれませんが、中には髪にいいと言われると同じものばかり食べる人もいるので。

一つの栄養素だけ摂っても改善は見込めません。

いろいろな栄養素をバランスよく身体に取り込むこと。
毎日続けようと思うとなかなか難しいですが、何よりも重要なんです。

「食べ過ぎ」をやめる

2つ目のポイント。

人間の身体は「食事→消化→吸収」という作業を毎日繰り返していますが、とても疲れることなんです。

消化のために使われる労力はフルマラソンに匹敵するとさえ言われるほど。
そのため毎日3食、さらに間食も食べているとなると胃や腸はどんどん体力を消耗してしまいます。

これが結果的に白髪になる原因の一端となるんです。

栄養を摂ることは大切ですが、毎日お腹いっぱい食べる必要はありません!
食事を必要最低限に抑えて、その中でバランスの良い食事を心がけてみてください。

身体を温める食べ物を摂る

最後のポイントは身体を温めることです。

身体を温めることで白髪を予防する効果があると言われています。

生野菜など身体を冷やしてしまう食べ物を摂るときは、身体を温める効果のある生姜や根菜類を食べたり、温かいスープを一緒に飲んだりするといいでしょう。

白髪を改善する、ということは食生活の見直しが大前提です。
ジャンクフード大好きな方、暴飲暴食してしまう方など、食習慣に不安がある方は少なからずいらっしゃると思います。
決してジャンクフードを食べたりお酒を飲んではいけないというわけではありません。
ストレスが溜まっても白髪や抜け毛に繋がってしまいます。

まずは一食だけ、一日だけ、と少しずつ変えていってみましょう。

食習慣の改善は白髪だけではなく、肌の老化やダイエット等あらゆる面にも効果大ですよ(^^)

ぜひお試しください。

-美容, 美容コラム
-

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.