いつから始まっていつまで続くのか 更年期に起こる様々な症状

更新日:

更年期は、それなりの年齢になれば誰にでもやってくるもの。

でも、その時期も症状も人それぞれのようです。

重くてつらい…という人もいます。
軽くかったので気付かなかった…という人もいます。
いったい、何が正解なのでしょう?

始まるのはいつ?
終わるのはいつ?
そして、その症状とは?

来るべきときに備えて、更年期のことを知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

更年期の始まり その症状には個人差がある

更年期とは、閉経を挟んだ前後5年間(10年間)のこと。
閉経とは、年齢とともに排卵がなくなり月経が止まることをいいます。

日本人の平均閉経年齢が50歳といわれていますので、平均としてみれば、45歳から55歳までが更年期ということになります。

ただ、平均は目安として参考にはなりますが、あくまでも参考程度。

閉経には個人差があります。
だから、更年期にも個人差があるのです。

「なってみないとわからない」というのが現実。

はっきりと「いつから」とは断言できないので、多くは、閉経が分かってから初めて「更年期が始まってたんだ」と気づくのです。

ちなみに、前の生理から約1年間生理がこなければ、それを閉経とみなすことになっています。

更年期の初期症状

まずは、

・生理の周期が乱れる
・出血量が減る、または増える
・生理の量やサイクルが乱れまくる
・不正出血(他の病気のこともある)

などの症状がみられるようになったら、更年期のはじまりと考えていいでしょう。

フルミーエクオールで更年期を乗り切る!

女性は女性ホルモンのバランスによって、体調が左右されてしまうもの。 30代も後半に入ると徐々に実感しますよね。 サプリで足りない物は補おうと思ってもイマイチ効果がわからない・・・フルミーエクオールはそ ...

続きを見る

早発閉経について

平均閉経年齢は50歳。
でも、早い人では20~30代・40代で閉経をむかえる人も。

このように、40歳未満で閉経した場合を「早発閉経」といいます。

【早発閉経の兆候】

順調だった月経の間隔が徐々に広がる回数が減るやがて来なくなる

来るべきはずの月経がこない卵巣の機能が休止中の「無月経」とは違い、早発閉経は卵巣の機能低下が原因ですので、勘違いしないよう気を付けましょう。

早発閉経は自然治癒が難しいケースが多いので、専門機関への早めの受診をオススメします。

 

スポンサーリンク

 

更年期にはホットフラッシュなど辛い症状もある

約10年に及ぶ更年期は、精神的・身体的問わず、様々な症状に悩まされるケースが多くみられます。

早い段階でみられるものには、次のようなものがあります。
・ホットフラッシュ(のぼせ)
・発汗(大汗をかき止まらない場合も)
・顔のほてり

他の人が暑くなくても自分だけ暑いと感じたり、誰も汗をかいていないのに自分だけ大汗をかいていたりすることが多く、感じれば感じるほど焦りを感じ、更にひどくなるという悪循環に陥るケースが多々みられます。

エクオール+ラクトビオン酸で女性特有のバランスを整え毎日元気に

出来れば毎日機嫌の良い私でありたい。 でもどことなく気分が優れなかったり、ダルいような身体の重たさ・・・正直者の私はそれが顔にも態度にも丸出しに(;^ω^) スッキリ元気になるには足りないものを補いま ...

続きを見る

精神的・身体的にみられる諸症状

他にも様々な症状がみられます。

【精神的な症状】
・焦りや不安感
・イライラなど怒りっぽい症状
・落ち込むなど、うつ気分
・物忘れ
・不眠
  など

【身体的な症状】
・動悸やめまい
・肩こり
・腰痛、関節痛
・疲労感(疲れがとれない・疲れやすい)
・残尿感
  など

骨量の減少から、更年期により骨粗鬆症になるケースもみられます。

更年期の最後 それにも個人差がある

更年期のはじまりに個人差があるように、終わりにもやっぱり個人差があります。

終わりのサインとして多くの人が感じているのが、緩和される症状の数々。
「つらかった症状が徐々に緩和されていき、ようやく終わる」といったイメージ。

でも、中には閉経後5年経っても10年経っても、一向に症状が緩和されていかない人もいるようです。

最後もやっぱり、「終わってみないとわからない」といったところでしょうか。

緩和のためにできること

重い更年期症状に苦しむ人もいます。

コレをしたからといって緩和されるというハッキリしたものもないのですが、気休め程度にでも何かをしていると楽であったりします。

・ウォーキングなど運動をする
・散歩でも買い物でもいいから、とにかく外に出る
・趣味に打ち込む
・無理をしない(何もできないならそれでいいと割り切る)

など。

あくまでもデータ状の話ではありますが、比較的「体を動かしている人」というのは、更年期の症状が緩和されやすい傾向にあるようです。

予防として、その日のために体を鍛えてみるのも一つの手かもしれません。

ただ、つらいときは何をしていてもつらいです。
病院には更年期外来など専門外来もありますので、無理せず気にせず受診することをオススメします。

実母から学ぶ更年期

「自分の更年期がどうなるか不安だ」という人は、自分のお母さんを参考にしてみるのもいいでしょう。

実母であれば、自分と体質が似ている傾向に。
更年期は体質も関係しますので、実母と同じような症状が表れる確率は高いのです。

全く同じ症状とまではいかなくても、大体の目安にはなるかと思います。
これからくるであろう自分の更年期への心構え・準備としては、十分な参考となるのではないでしょうか。

まとめ

更年期の症状には様々なものがあります。
一般的にいわれているような「頭痛・疲労感・ホットフラッシュ」などの症状が、必ずしも自分にあてはまるとは限らないので、見極めが本当に難しいです。

実際にきてみないことには分からないことが多いので、準備といってもなかなか難しいですよね。
そろそろかな…という年齢になったら、心構えだけでもしておくといいのではないでしょうか。

すっぽん月巡りで毎日元気に!やる気もアップ

毎日気持ち良く元気に過ごしたいですよね。それが理想(^-^) でも女性たるもの何かと煩わしいこともあり、不快な症状や言葉では表せないモヤモヤした気持ちを処理しきれない(>_<) そんな時、 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

-その他, 健康, 健康コラム
-, ,

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.