合わない枕が引き起こす症状|起床時に感じる頭痛や首こりは枕が原因

更新日:

起床と共に引き起こされる頭痛や首こりってつらいですよね。
朝からの体調不良は、その日一日をブルーな気分にさせてしまいます。

起きたと共に起こる症状の中には、使っている枕が悪いこともあります。
自分の頭や首の形に枕がフィットしていないと、体に歪みが生じるので、それが原因となっていると考えられるのです。

合わない枕は、もうおしまい。
自分に合う枕で眠って、翌朝すっきり目覚めましょう!

スポンサーリンク

 

首が痛いのは枕のせい 合わない枕は頸椎を圧迫する

枕が引き起こす症状の中で、もっとも多いといわれているのが「首こり」の症状。

枕は頭を支えるものと思われがちですが、実際は頭を支えるとともに首も支えているので、頭の形・首の形と枕の形が合わないと、首が痛くなってしまいます。

ほんのちょっとでも合わないと途端に首が痛くなるので要注意。

仰向けに寝た時、後頭部から首にかけてのカーブに枕がしっかりフィットしないと、頸椎が圧迫され首こりが発生します。

合わない枕は、他にも様々な症状を引き起こします。

頭痛の症状

首こりの次に多いといわれるのが頭痛
朝起きたときに、ズーンと重たく何かがのしかかるような頭痛を感じたら、枕が合っていない可能性があります。

頭痛の場合、枕の高さが低すぎることが考えられます。
枕が低すぎるため頭に血が上り、顔のうっ血とともに頭痛が引き起こされるのです。

ただ、頭痛の原因は脳腫瘍など病気が絡んでいるものもありますので、枕のせいとばかりに放置していると危険です。
異様に痛むようであれば、早めに病院で検査してもらうようにしましょう。

腰痛の症状

一見、枕とは関係がなさそうに思えますが、腰の痛みもまた枕が原因となっていることがあります。

首から腰にかけてある背骨は一本線。
緩やかなS字カーブを描きながら細かな骨と神経が繋がっています。

決して、適当に描かれたS字カーブではありませんので、どこかに歪みが生じてS字カーブが歪めば、その分、必ずどこかに負担がかかるようにできています。

合わない枕が頸椎部分(首の骨)に歪みを作れば、腰椎(腰の骨)に歪みが生じ、痛みとして表れます。

腰痛は、枕だけでなく寝具そのものに原因がある場合もあります。
枕が高すぎても低すぎても、寝具が柔らかすぎても硬すぎても、腰痛は引き起こされやすくなりますので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

首の歪みは枕の合わせ方によって大きく変わる

人間の頭部の重さはおよそ6kgといわれています。
起き上がっているとき、首は常にその重さを支えてくれているので、寝ているときぐらいしっかり休ませてあげたいところ。

でも、枕が合っていないと休ませてあげることはできません。

昼も夜も首に負担をかけていれば、それはいずれ歪みの原因に。
更なる負担を強いることになってしまいますので、枕は自分に合ったものを選びましょう。
歪むとなかなか元に戻りませんので、歪みきってしまう前に枕を合わせておきたいものです。

枕の選び方

自分に合う枕とは、どのように探せばいいのでしょうか?
ポイントをご紹介します。

【枕選びのポイント】
ポイント1、高さ
枕に頭を置いたときに、喉や首に圧迫感がないかどうか確認しましょう。
頸椎に負担をかけないための高さを選ぶようにします。

ポイント2、大きさ
小さすぎる枕は、寝返りを打てばすぐに頭が落ちてしまいます。
寝返りを打っても落ちないような大きさの枕を選びましょう。

ポイント3、素材
枕の中身には、綿やそば殻など様々な素材が使われています。
柔らかすぎて頭が沈み込み過ぎてしまったり、左右どちらかに寄ってしまうような中身は選ばないようにしましょう。

枕が合っていれば首が歪むようなことはありません。
安眠のためにも、正しい枕を選びましょう。

枕なしにしたコトで頭痛や肩こりが治ることもある

そもそも枕って必要なのでしょうか?
実は、枕がない方が調子がいいという人もいるのです。
何故なのでしょうか?

ストレートネックによる影響

首はある程度湾曲してできています。
これが真っすぐになってしまう状態を「ストレートネック」といって、頭痛や肩こりなどの症状を引き起こす原因になっています。
常にパソコンやスマホを覗き込んでいる人に多くみられます。

普通の首の状態の人であれば、枕を使うことで首への負担を軽減できますが、ストレートネックの人の場合は枕を使うことが負担になります。

ストレートネックの人の場合は、枕なしで寝るとかなり楽になるようです。

人によって変わる枕の有無

「枕がなければ眠れない」という人もいれば、ストレートネックでなくても「枕がない方が調子がいい」という人もいます。

片頭痛や肩こりを改善したくて病院に行ったところ、医師に「枕なしで寝るといい」とアドバイスされた人もいるといいます。

よく「枕なしで寝るのは首に良くない」という記事を目にしますが、実際は人それぞれ。
もしも、枕なしで寝ることによってよく眠れるようになったというのであれば、枕がない方が合っているということになります。

要は、自分に合っていればそれでOK。

どうしても自分に合った枕に出会えないときは、一度枕なしで寝てみてはいかがでしょうか?

まとめ

自分に合っていない枕は、頭痛や首こりなどの原因に。
つらい症状を改善には、枕の見直しが必要です。

頭の形も首の形も人それぞれです。
だから、枕も人によって違うのが当たり前。
極端にいえばミリ単位で調整していかなければいけないほど、枕選びは大変なものといえるでしょう。
あなたの枕、もう一度見直してみてはいかがでしょうか?

肩が凝る原因3つ、それぞれの解消法

最近、肩こりに悩まされていませんか? 頭から肩や背中にかけて、痛みを感じたり張りを感じたり、重くだるい感じたり…とにかく不快な症状には違いありませんよね(T_T) 中には自分では気づかなくても、他人に ...

続きを見る


スポンサーリンク

-健康, 健康コラム
-,

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.