NLAセレクト センサー式LED防犯ライトで簡単安心!不審者撃退

更新日:

夜に住宅街を歩いていると、突然ピカッと照明がつくお家ってありますよね。

慣れない時はのけぞるほど驚きました。

何も悪い事してないけど足早にそこは通り過ぎたい…悪い事を考えている人もきっと明るさに怯むはず(^-^)

我が家も防犯ライトを検討してみます!

 

センサー式LED防犯ライトはソーラーパネル充電なので電池要らず!

防犯ライトにも種類があります。

コンセントにつなげるケーブル式のものと、乾電池式タイプと太陽光を充電して使うソーラーパネル式。

外に置くとなるとケーブル式では家族が引っ掛けて転ばないように配慮しないと危ないですよね。乾電池も取り換えが面倒(;^ω^)…となるとエコで便利なソーラーパネル式が良いのかなと探してみました。

 

防犯ライトというのもピンキリで、数多く販売されているんですよね。

簡易的な防犯として付けたいだけなので、そんなに本格的なものは今のところ必要無いんです(^-^;

 

手頃なソーラーパネルのセンサー式LED防犯ライトとして私の目に留まったのはNLAセレクトの商品です。

水に強くて最大8時間連続使用可能、何よりお値段が手頃だし(^-^)購入を決定しました。

 

センサー式LED防犯ライトは何で選ぶ?

防犯ライトの性能は、説明分を丸々読んでもあまり理解出来なかったりします(;^ω^)

よほどの専門家でもない限り、とりあえず付けとけばいいかなーといった感じではないでしょうか。

防犯ライトを選ぶ時のポイントをご紹介しますね。

 

・付ける場所

取り付ける場所をまず決めておくと良いですね。

取り付け方法には工具を使って壁や柱などに穴を開けるビス式や、張り付ける場所は選びますが簡単なマグネット式、両面テープやベルトで固定するタイプもあります。

雨風が強く当たるような場所の場合はしっかり固定させたいですね(^-^)

・電気代

一度取り付けたら夜何度か点灯すると思われる防犯ライト。気になる電気代は購入前に押さえておきたいポイントですね。

電球も白熱電球やハロゲンランプなどがありますが、断然LEDが省エネになります。

・性能面

人や動くものに反応しても照明の明るさがイマイチだったりするのは困りますね。

屋外で屋根の無い場所に使うなら防水設計は外せません。

直ぐに壊れてしまうような物は間違っても購入したくありませんから、耐久性についてもリサーチしたいところです。

 

NLAセレクトのセンサー式LED防犯ライトはユーザーの声を商品に反映して開発されています。

日本製では高価すぎるけど中国製ではイマイチ信用出来ない…そんな悩みに日本人技術者が中国で頑張りました。

中国製でも日本人がしっかり管理しているので安心です。

 

センサー式LED防犯ライトの取扱説明書

取扱説明書が付いてるんですが、英語なんです。

輸出向け商品だったんでしょうかね(;^ω^)

 

①コンクリートプラグ(ピラーヒンジ)

付属品の一つ、白い筒状の物です。

②取付穴

③ネジ

これも付属品にあったものです。

④ソーラーパネル

⑤電源スイッチ

拡大イラストのせいでかえって分かりにくくなってる気がしますが(;’∀’)

付属の針を手で持って穴に差し込んでるんですけど、反転さらに回転してて謎な状態に…。

⑥センサー

⑦LEDライト

 

 

左上から

スイッチ針で電源を入れる→ネジで取り付けたい場所に設置

以下反時計回りに

①晴れた日に約7時間充電

②暗くなると自動で弱ライトが点灯

③人などを検知すると強ライトに転換

④離れていくと弱ライトに戻る

 

3m以内に人などが近づくと強ライトに切り替わるようです。

ライトが照らす範囲はイラストによると2mってことでしょうか?

 

警告

1.爆発や漏電を避けるため火気や多湿の場所を避けてください。

2.強い衝撃を与えると充電器やライトの破損の原因になります。

3.充電器の損傷を避けるため、専門家以外の人が分解するのはやめてください。

 

 

操作説明書
1.ソーラー電池ののロックを解除して起動する
工場から出荷される時、内蔵電池は安全のためにロックされていますので、付属のキーピンを使用して「オン/オフ」スイッチの穴を押し、バッテリーと照明システムのロックを解除してください。
2.使用方法
付属の拡張用のヒンジとネジを使用して、屋外の柱や壁など任意の場所にライトを取り付けてください。
3.ソーラーパネルによる充電
ソーラーパネルが壁やガラスに遮られない、太陽が直接当たる南向きの場所に設置してください。
通常、天気の良い日差しの下で1日に完全に充電することができます。
4.ナイトセンサー機能
暗闇や夜間には暗い場所では自動的に点灯し、昼間や明るい場所では自動で消灯します。
5.弱ライトモード
電池を節約するために、動くものがないときに薄暗い場所で自動的に点灯します。明るさは信号灯としても機能します。
6.強ライトモード
人々が2メートル近辺を歩くと、明るい光が点灯します。

 

特記事項
1.最初に使用する前にバッテリーを完全に充電してください。
2.3ヶ月間、十分な日光に当たっていない場合は、バッテリーの電力が不足している可能性があるので、太陽に当てて充電する必要があります。
付属のキーピンを使用してライトと照明システムのロックを解除してください。
そうしないと、ライトが動作しなくなります。
3.ライトが点滅している場合は、電力が非常に低いことを意味します。
すぐに太陽光で充電する必要があります。そうしないと、ライトはすぐに動作を停止します。
4.天気が悪かったり、冬の日光、特に北の国では、バッテリーを完全に充電するのに時間がかかることがあります。
これはソーラーパネル製品にとっては普通に起こりえることです。

スイッチ針1本

コンクリートプラグ2個

ネジ2個

 

…プラグとネジは1個ずつでした。

そしてここには書かれていない両面テープがついています。

この取説、ちょいちょい誤字とか間違いとかあるんですよね(-_-;)

そんなにきっちりみんな読まないだろー、機械さえ動けばいいだろーって思われてるんでしょうか?

…まぁ確かにそうなんだけど(^-^;

上部分は製品のスペックです。

「センサーは120度3mの範囲で人などの動きを検知します」「強ライトモードは30秒間」などと書かれています。

 

下の説明は製品の特徴についてです。

1.人の動きを感知する赤外線センサーと光センサーが付いています。

2.太陽光で一晩分の電力を充電します。

3.昼間にフル充電すると夜は12時間以上点灯します。

4.防水防塵IP64、耐熱性、耐久性もあります。

5.省エネです。

 

IPとは

保護等級(0~6まであります)というものです。

前側の6は人体及び固形物に対する保護等級。

ほこりやごみなどが入らないように保護されているかどうかです。

数字が大きくなるほど細かいものが侵入しないようになっています。

6は耐塵形:粉塵が内部にまったく侵入しない。

後側の4は水の侵入に対する保護等級で、そのまま耐水性になります。

4は飛沫に対する保護:いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない。

と言うことを表しています。

砂が飛んできても中には入らないし、雨がかかったくらいでは大丈夫だけど水の中にポチャンと落としてしまうと壊れます、といった解釈で良さそうです(^-^)

 

センサー式LED防犯ライトを使ってみます

こちらがセンサー式LED防犯ライトです。

サイズは横幅約:95mm×縦幅約:125mm×奥行約:50mmになります。

 

上の丸い部分がセンサーで、下の四角いところがライトになります。

センサー感知角度120°、距離は3mの範囲内になります。

センサーの横にある小さい穴が電源なんですが、解説はのちほど~(^-^)

 

この設置後上部にくる黒い部分がソーラーパネルです。

さらにその上にあるのがネジで留める用の穴。付属品にネジが付いているのでそれを使います。

なんか電卓の背面みたいですが商品の裏側です。

真ん中に壁掛け時計についているようなくぼみがあります。

2か所で固定すれば強い風の日も安心ですね(#^^#)

本体以外の付属品です。

失くしてしまいそうで怖いですが、このスイッチ針を先ほどの穴に差し込んで電源を入れます。

ネジの他に両面テープもついています。

屋内とかツルツルの壁面にならこれを使って設置出来ますね。

ではスイッチを入れてみます。スイッチ針も準備OKです。

押すと「カチッ」という小さな音と軽い手ごたえがあるので、それがスイッチの入った合図です。

1回押したら電源ON、もう一回押せばOFFに出来ます。

あとは日の当たる場所に置いておくだけ。

我が家は残念ながら設置したい場所と日当たりのいい場所が全く違うので昼夜で移動させることにしました。

 

強ライトと弱ライトでどのくらい明るさが違うのか比べてみます。

暗くなると自動でこんな感じに。ただいま省エネモード(弱ライト)です。

センサーが動くものを捉えるとパァっと明るくなります。(強ライト)そして30秒後に省エネモードに戻ります。

設置例です。

壁にドリルで穴をあけるのが面倒くさかったり、穴を開けたくないなぁなんて場合は写真のような使い方も可能です。

左右で昼と夜の同じ写真になります。

上の写真なんて砂利の上に置いてるだけですから、これは簡単ですね。

…でもこれ、盗まれないのかな(;^ω^)

防犯対策だけでなく、足元が暗くて歩きづらい場所に設置しておけば夜間照明としても使えますよ。

 

センサー式LED防犯ライトを使ってみた感想

ソーラーパネルとライトが一体になっているので1つ取り付ければOKなのは楽チンですね。

問題点を挙げるとしたら、取り付けたい場所がイマイチ日当たりの悪い場所だったらつらいところでしょうか。

ご近所で似ているライトを使っているお宅を見つけたんですが、なんとか日に当てようと斜め向きに設置してありました。

…何事も工夫が大事なようです(;^ω^)

 

日当たりが良い設置場所なら難なく使い続けられると思います。

防犯ライトをつければ絶対安全とは言い切れませんが、防犯意識の高さは証明出来ますね。

 

センサー式LED防犯ライトの購入

センサー式LED防犯ライトはNLAセレクトのオンラインショップで購入が出来ます。

全国どこでも送料無料で1,980円(税込み)とかなりお買い得な上、90日間の完全保証も付いていますから万一に時も安心ですね。

NLAセレクトではセンサー式LED防犯ライトをはじめ、様々なタイプのLEDライトを販売しています。

防犯以外にも目的に合ったライトが探せますよ。

 

「NLAセレクト」公式サイトはこちらから

-その他
-

Copyright© 健康の作り方 , 2018 All Rights Reserved.